バイナリーオプションは儲かりやすい投資方法?

money128_128

バイナリーオプションというのは、ペイアウト倍率が高い投資として有名です。

ペイアウト倍率とは

ペイは支払うを意味する英語「PAY」
アウトはこの場合払い戻しを意味する英語「OUT」

です。つまり、ペイアウト倍率というのは、支払ったお金のうちどのくらいの割合で払い戻しされるかの割合のことを言います。

例えば

宝くじの場合は、文部科学省が管轄していますが、ペイアウト倍率は50%と決まっています。

例えば、100万人が1万円ずつ宝くじを購入した場合、総購入額は100億円になりますが、当選金の総額は半分の50億円しかないのです。

競馬の場合は、農林水産省が管轄していますが、ペイアウト倍率は75%と決まっています。

つまり、競馬の場合は購入した馬券の総額に対して75%を払い戻すようにオッズが決められているのです。

では、バイナリーオプションの場合のペイアウト倍率はどうなっているのでしょうか?

バイナリーオプション業者によって違いますが、基本的には

85%~92%のペイアウト倍率になっています。

1万円を投資して、買った場合には1万8500円~1万9200円ほどで払い戻しがされるということです。

単純に競馬や宝くじと比較するとバイナリーオプションの方がペイアウト倍率が高く、儲けやすい投資と言えるのです。

なぜ、ペイアウト倍率に差があるのか?

ペイアウト倍率が低い投資というのは、運営コストが大きいものになります。

宝くじの場合は、全国の販売店の賃貸料、そこで販売するスタッフの人件費、宝くじの印刷、CMなどの広告宣伝費に大きな金額が必要になるため、当選金に回せるお金が少なくなってしまうのです。

一方、バイナリーオプションの場合は、インターネットを中心としてシステムコストが大きなコストであり、実際の店舗なども必要ない為、投資された金額のほとんどを払い戻しに回すことができるのです。

バイナリーオプション