バイナリーオプションで勝つためには自分ルールが必要

kompas128_128

バイナリーオプションで負けが続いてしまうときというのは、大抵心理状態が不安定な状況になっています。これはどういうことなのか?解説します。

バイナリーオプションで負けてしまうのは熱くなるとき

バイナリーオプションに限らず、麻雀や競馬、FX、株式投資も同じですが、基本的に予想と違った動きをして損失を出してしまった時に起こるのですが

「取り返そうとして、熱くなった状態で大きく投資してしまう」

ときなのです。

熱くなってしまっては、何事でも勝てることはできないのです。

バイナリーオプションは勝率6割で良い

ペイアウト倍率が1.9倍の業者であれば、勝率6割で良いのです。つまり、言い換えれば平均で4割負けても良いのです。

平均的に勝率をキープするためには、自分のバイナリーオプションの投資ルールを明確にして、そのルールにしたがって投資をすることが重要なのです。

そのルール以外では取引をしないと決める必要があるのです。

ルールに従っていれば、勝率が悪い日があっても、継続すれば安定した成績になります。継続して成績が悪かった場合にはじめてルールを見直すという作業をすれば良いのです。

感情の赴くままに刹那的に取引をしてバイナリーオプションで儲けることはよほど運が良い方でないと難しいのです。

  1. 取引はあくまでも自分ルールに従って行う
  2. ダメなときは自分ルール自体を見直す

という流れで取引することで安定的な勝率を上げる可能性が高くなるのです。